言霊日記。

果てしない空を見上げて。

守りたいもの

 

まずは

キンプリおめでとう!!!!

 

今の私は、とても嬉しい。祝福している。祝福しているのである。ふふふ。

関西Jrにはもうそろそろタイムリミットが来そうな人も沢山いるのに、私はどうしてこんなに何も感じないのか自分が一番わからない。

 

全然悔しくない。

悔しい気持ちもなくはないけど、それは私の仕事じゃない。彼らが自分で背負わなくちゃいけない気持ちだと思う。私じゃない。

 

そこから前を向く力を信じること以外に私ができることはなに?

 

なにもない。信じることしか出来ない。好きでいることしか出来ない。頑張れ頑張れ、私達はここに居るよ、そう言って報われないかもしれない不確かな夢に向かう人を、もしくは偶像かもしれない彼らを、確証のない無責任な言葉で想うことしか出来ない。

それがオタクの仕事だから。

 

わたしは4年前、あんなに反省したことをもう忘れたくない。

なにきんに戻ってほしい、キンプリは応援できない、嫌いだ、私の好きな人をこんなに苦しめる世界が嫌い。そう思ってばかりで抜け出せない私たちの気持ちが、どれだけの負のエネルギーを大吾くんたちに与えていたのか気づけなかった。

 

私たちが後ろばかり見ている間に、大吾くんや康ちゃん、大西さんは、とっくに前を向いてた。

 

後ろだけ見て戻ってこない時間に「昔は良かったのに」と言い続けていたのは私たちオタクだけだった。それに痺れを切らした大吾くんは誌面で厳しいことも言ってくれたね。「俺は自分のポジションなんか気にしてない。与えられた場所で輝くだけ。」その言葉を見た時、私がどんなに大吾くんを苦しめることばかり言ってたのか思い知らされたような気がして、急に恥ずかしくなったんだ。

あの日から私は、オタク身分をわきまえて、ただ彼らにハッピーな気持ちだけ伝えたいと思って生きてる。幸せだよありがとう。私みたいなオタクばかりじゃダメだろうから、足りない部分は誰かほかの皆さんに任せて、私は愛情だけをあげたい。それが厳しくても、優しくても。

 

今この瞬間、関西Jrのみんながヘラヘラしてたらそれは間違ってるかもしれない。けどそれで立ち止まるようなヤワな人たちじゃないと私は思ってる。ずっと見てきたから、思ってる。

 

今の体制は好きじゃない。嫌いじゃないけど。

でも大好きな人がいないのをじっと耐えてる子たちを見ると苦しいし、何とかしてくれよと思う。

 

辞めないでなんて言わないし、彼らにはアイドルでいることを私は全然オススメしない。

だってあんなの並の人間の出来ることじゃないから。そこから逃げることを、私は止められるような分際ではない。彼らは間違いなく血の通った人間だもの。

 

でもそれでもそこにいて輝こうと覚悟して、笑おうとしてくれているみんなの伸びる芽を摘むような大人は許せないし私はその芽を大事に大事に守っていきたい。

自担はその中の一つに過ぎないから、自担が輝く周りの芽たちも一緒に、同じくらいの愛で守ってあげたい。否定したくない。自担のために周りを犠牲にすることを平気だなんて思いたくない。だって私には出来ないことをして、その上こんなに力をくれる人達をどうして私が否定したり怒ったりする権利があるの?

自担が輝く場所には、それを助けるみんながいて。そのみんなにもそれぞれの景色があって、それぞれがまたその世界で主役になって。主役にも背景にもなる個人の集合が関西Jrという形なのなら、私はその全部を愛したい。私の好きな人に関わってくれた人、愛をくれた人全員に、感謝して愛をあげたい。

 

私の好きな人だけを守っても、孤独になるだけだ。

私の好きな人は、一人じゃきっと何も出来ない。

私にとっては自担が主役だけど、脇役が面白いドラマは名作なんだと私は思っているから。

 

だから、大吾くんや大橋くんに出会った全ての人が、彼らにとって意味のある出会いだったのなら、私はそのみんなにありがとうを言いたいし、そのみんなが、幸せになって欲しいと思う。

 

みーんな、幸せになって欲しい。

 

それだけ!

 

だから、贅沢でも我儘でも、私は自担の一番の味方でいたい。そのために、周りのみんなのこともちゃんと真っ直ぐ愛していたい。

優しくないかもしれないけど、

悔しかったら自分で悩め!!!

私はただのオタクだから、どんなあなたでも受け止めると覚悟することしか出来ないんだから。

きっと負けないって信じることだけだから。

大丈夫、私の好きな人はそういう人だ。

 

だからおめでとう。私の大好きな関西Jrとして少しでも一緒に歩んでくれた二人。おめでとう。

大嫌いにもなったし、今だって作り笑顔かもしれないけど、大好きです。

幸せになって欲しい。あなたにも。またあなたが出会う人にも。

 

関西Jrが止まらないのなんて、私知ってるから。そんなの当たり前のように、私知ってるから。大丈夫。信じてるからね。

オタクが信じなくて誰が信じるんだ。

夢を掴むのは、彼らに決まってるじゃないか。

その背中は死ぬ気で押すよ。

 

 

よっしゃー!!!

大丈夫!!!!

みんなついてる!!!

あなたの夢は美しい!!!!

みんなの未来に乾杯しよう!!!!

 

愛してる!!!!

 

 

 

 

ただ幸せが一日でも多く傍にありますように。

わーセンターまであと四日やな。

四日なのに私はブログを書いているな。

愚行やな。…うーん、20分間だけ許して神様。

 

 

1月9日。今年は火曜日でしたね。

 

 

私の人生を変えてくれた西畑大吾くん

21歳のお誕生日本当におめでとう。

 

 

 

私にとっては6回目の大吾くんのお誕生日を、こうして西畑担としてお祝いできていることがなによりも嬉しくて、幸せなことだなぁと思っています。

 

毎年毎年大吾くんが年を重ねるたび色んなことを思い返すけど、毎年毎年、いつも新しい景色を見せてくれているなぁとすごく思っていて。

 

特に2017年、20歳の大吾くんは今まで以上に大きなステージ、素敵な景色を沢山見せてくれたね。

 

突然階段の一段一段にトランポリンがついたのかと思っちゃうくらい、勢いよく飛躍した年だったと思います。ぴょんぴょんと大きなステージに立って、いつもの優しくてかわいい笑顔をたくさん見せてくれて、私は本当に嬉しかった。

 

PとJKに始まり、ラストレシピもVS嵐も、なんだかいつのお仕事か忘れちゃうくらいいろんな場所で大吾くんを見ました。

全然大吾くんを知らないお友達にも「西畑くんすごいね!」っ言ってもらえるようになりました。

大吾くんのこと応援しててよかったなぁ〜!って毎日のように思いました。

 

あとはやっぱり今年の大吾くんにとってのターニングポイントと言ったら、ラストレシピだよね🐾

映画のおかげで大好きなニノちゃんとセットでお仕事することが多くて、それでいろんな人に" 西畑大吾くん " を知ってもらえて。言霊だなぁってきっと誰もが思ったと思うし、大吾くん自身にとっても幸せすぎる時間だったね。

 

 

でもそれは間違いなく大吾くんが一歩一歩踏みしめてきた結果で、みんなに愛されてきた大吾くんの人柄で …

 

うーんでもやっぱり、二宮くんが好きすぎる大吾くんの愛が実ったというのが一番しっくりくるのかな?(笑)

本当によかったね、嬉しかったね(笑)

 

 

 

だけど同時に、頑張りすぎてるなって心配になって 苦しくて 今すぐ大吾くんの手を握りに行ってあげたいなと思うこともありました。大吾くんは今までもずっと一人で抱えてしまう人だったから、今、その小さな体で抱えきれないくらいのことを抱えてるんじゃないかっていつも心配でした。

舞台の途中で倒れたり、ちょこちょこ体調崩したって話を聞いたりで不安なことも多かった。

 

 

 

でも今年は、正門くんや大橋くん、それからなによりも大西さんがそばに居てくれたから、大吾くんの笑顔がたっくさん見れたんだなぁ。

 

ずっと一人で走ってきたと思っていたけど、すぐ近くで一緒に走ってくれる、倒れたら支えてくれる仲間がいることを、切に感じた1年だったんじゃないかと私は思っている!!よ!!(笑)

 

 

20歳の大吾くんの傍には、幸せと優しさと笑顔がいっっっっぱい溢れてたね。

 

 

私はそれが一番嬉しかったよ。

 

 

 

真ん中に立つ大吾くん

西畑担としては嬉しいことのはずなのに、私は全然しっくりこなくて、頑張りすぎてる大吾くんを見るのがなんだかつらくて、赤をまとう大吾くんに少し違和感があったのも事実で。

 

大吾くん

 

 

とってもとっても

その色が似合うようになったね。

 

 

今の大吾くんは、ちゃんと、

関西Jrのセンターだよ。

 

最近は楽しそうにアイドルをしてる大吾くんを見られるようになって、

「僕達が関西Jrです!!!」

って胸を張って言い切る大吾くんの目が誰よりもかっこよくて、男らしくて、大好きです。

 

 

 

DDだから大橋くんも小島くんも超特急も大好きなんだけど(笑)

 

それでも大吾くんの担当を辞められないのは、やっぱり大吾くんが頑張ってる姿、アイドルしてる姿、お芝居してる姿、笑ってる顔、泣いた顔、拗ねた顔、真剣な顔、それから大吾くんが見せてくれる景色がぜーーんぶ大好きだから!!

 

大吾くんが私の人生変えてくれたから。

 

私にとっては、大吾くんがヒーローだから。

 

 

だからきっと、ずっっと大吾くんのことが好きです。

関西Jrが大好きです。

 

あの日、端っこで優しく笑うあなたを好きになってよかった。大好きになって本当によかった。

 

 

 

これからも大吾くんと同じ景色が見たい。

だからずっとついていくよ。

辛い時も楽しい時も苦しい時も嬉しい時も、私の気持ちが大吾くんの傍にあって、それが少しでもあなたの力になるなら。

 

 

大好きな大吾くん。

優しくてかわいくて謙虚で男らしくて

最っっっ高な大吾くん!!

21歳の今年も、またいろんな景色を見せてね。

辛くなったら立ち止まっていいんだよ。

私たちはいつも近くで背中を押すからね。

 

 

いつも有り余るくらいの幸せをありがとう

 

 

 

たっっっくさんの幸せが、一日でも多く

21歳の大吾くんの傍にありますように。

 

 

 

 

2018.1.9   Happy Birthday _ Daigo

 

 

りんこより

 

小ジマをプロデュース

下書きをために溜めて

まだまだ2、3個、重たいブログの残骸が眠っておりますけれども今はそんなに重たい気分でもないのでチャラチャラ書いていきたいと思いますよっと。

 

 

タイトルは別になんにもないですけどね

全然意味もなく気づいたら打ち込んでた

あ、そういえば小島教信者のリンコが毎日ご飯を食べながら小島の方向に向かって礼拝していたら(大嘘)、それを見ていた直近の平野担が小島健の沼に足を突っ込んでズブズブいってました。…いや正確には私が小島くんを本気ステマしました。

 

はっはっは。

どうや、底なし沼じゃろうて。

もう抜け出せないですよ、残念でした。

 

「関西の推しはれいじくんだったけど辞めちゃったからな〜」

って言ってたけど、

「小島健最高だわ!!これからは小島健推すわ!!」

って言い出したので、私、圧勝。

 

小島くんへの愛が、またひとつ小さな命を救いました。

神様、ありがとう。

 

((( 茶番です )))

 

 

 【話は変わり】

 

 

今年のクリパ期間は空白の1ヶ月にする!っていうのが私の直近の目標なんですけど、本当に自信がない。

Twitter見ないってことやん。

ふぉあ。

そんなぁ。

 

…もっとはやくそうしとけって話ですわ。

 

でも12月はちゃんと勉強して、素敵な春を迎えるべく己を磨きたいと思います。

 

大橋くんの初主演舞台もあることですし。

あけおめコンもあるし。(行かないけど)

大吾くんはまた次々お仕事が決まっているんでしょうし。

マリウスもあるし。(行かないけど)

単独カレンダーもあるし。

その後は、まだ特にないけど。

また関ジュと過ごす幸せな1年にしたいですね。

 

…心持ちが既に年末じゃん。

 

でも本当に飛躍した2017年だったから

2018年にも期待を込めていいかしらね?

頼むよ〜関西Jr。

もっと売れようね。

もっと強くなろうね。

もっと笑って、もっと幸せになろうね。

 

いっしょに、もっともっと大きな景色見ようね。

 

もう新生なんて言わせない、強くなった関西JrをWEST兄さんやエイトさんや、もちろん嵐にも他の人達、日本中の人達にも、関西Jr頑張ってるぞって知らしめてこう。

 

 

それくらい大きくなろうねって話。

 

 

 

それと、Funky8は公式に。

そろそろしてもらいたいわね。

スキルも気持ちも待ってるファンもみんな持ってるから、蓄えてきたものをバーンって解放できる日が1日でも早く来ますように!

 

 

…でも受験終わったらにしてね、くれぐれも(笑)

 

 

あーあなんだかんだ書きすぎるやつ

すぐ長くなるんですわ

ツイートも多いしね

ごめんやで

 

 

じゃあまた次回は

あれやりたいんだよ

大吾くんの日誌的なね

『リンコの独り言のコーナー』『リンコの掲示板のコーナー』とかとか。

あとはキャスで『鈴の独り語り』やろうかしらね。(笑)顎は残念ながら人よりないくらいなんでダメやな(笑)

よし、じゃあおーわーりーです!

 

私のアイドルって。

こんばんみ

久々。とても久々にはてブロを開けたら結構熱いこと書いてて楽しかったから今日も書こうかな。

今日は、私の好きなアイドル像の話。

自担くんたちのお話になると思うけど。

お付き合いくださいまっせ^^

 

 

前にも書いたけど(「駆け上がるのは階段がいい」にて)

私はユニット・グループ厨なので

みんなで汗を流し、涙を流し、肩を組み、笑いあってる姿を見るのが好きです。

 

「〇〇くんが好きだから〇〇くんがいるならグループとかどうでもいい〜」

っていうタイプでは絶対ない。絶対、ない。私はね。

 

完全に「このグループの中で生かされてる〇〇くんの笑顔が好き(;;)このメンバーじゃなきゃ無理(;;)」って思ってしまう系ヲタクだから、やっぱりJr.担してると苦しいことが降りかかる降りかかる。

 

なんでこんな思いしなくちゃいけないの

 

って思うことが、数え切れない。

 

ジェシくんが好きだった頃は『バカレア組』が

岩橋くんが好きだった頃は『C3』『セクバ』『セクボ』

(↑この時はしょっちゅうメンバーが変わるからずっと辛かった記憶)

大吾くんは、『なにきん』

(↑死ぬほど泣いた)

 

そして大橋くんは『Funky8

 

 

グループの沼って、ハマってしまったら抜け出せない。

本人たちが楽しそうにしてるグループは推したくなるし

ビジネスなんだろうな、作り笑顔なんだろうななんていうのはすぐわかるし

好きになったらとことん知りたくなる。

 

グループ厨の悲しい性ですね。

 

結成。

 

再編成。

 

自然消滅。

 

解散。

 

退所。

 

掛け持ちしていたグループから、抜けること。

 

きっと自分から苦しい道を選んで応援してるんだろうなと思うけど、それでもやっぱり自担だけを応援するなんて寂しすぎるしつまらない。

周りの人がいて、自担がいて、周りに支えられながら一生懸命アイドルをしてる自担が好きなのは、今も昔も変わりません。

 

 

それと私は、ちょっと足りないところがある人を好きになっちゃう傾向があって。笑

 

でもそれって、周りの人の温かさにちゃんと触れて、優しく育った人が好きってことなのかなって思ったりするんだけど。

やっぱり、大橋くんなんかが特にわかりやすい。

 

「大橋は無理や!!」

 

って言われちゃうような大橋くん。

トークがへたっぴで、人に気持ちを伝えるのがあんまり得意じゃない大橋くん。

そもそも人と関わるのだって、きっとあんまり得意じゃない。

コンプレックスが強くて、自分に自信がないからこそ自己暗示をかけて輝いていようとする大橋くん。

あんなにキラキラしたTHE・アイドルだけど、きっと誰より自分に自信がないんだろうなっていつもいつも思う。

 

 

それでも大橋くんの周りには、絶対味方でいてくれるFunky8と西畑会がいて

なんだかんだ言いながら大橋くんのことを大好きでいてくれるみんながいて

その中であの可愛らしい笑顔でニコニコしている大橋くんが、とってもとっても愛しいなと思うんですよ。

 

たくさんの優しさに触れている大橋くんだからこそ思える

 

「世界中のみんなが好き!」

 

って気持ちだと思うんです。

 

 

「今日も平和ですね」

 

そう、大橋くんの周りは平和なんですよ。

だっていっつも愛が溢れてるから。

「いい加減にしろ💢」なんて言いながらも絶対に見捨てないでいてくれるみんながいるから。

 

やっぱりこれって、大橋くんの周りにはたくさん愛情があって

たくさんの仲間に囲まれて

絶対安心できる友達がいるからこそだと思うし

周りの人ってとっても大事って、改めて考えさせられる。

 

 

大橋くんも大吾くんも、キラッキラのアイドルだけど

一生懸命、アイドルでいてくれようとしてる姿が私は好きです。

 

根っからのアイドル気質なのもあるだろうけど

でもあの2人はそれに加えて本当はあんまりアイドルじゃない部分もたくさん持ってて

本当は自信がないこともたくさんあって

それでもアイドルでいようと

輝いていようとしてくれる姿が大好きなんで。

 

 

大橋くんってたくさん鏡見ますよね

思い返せば昔は大吾くんもそういうキャラだったんですよ

「大吾はいつも鏡の前占領してる!」って言われてたAぇ少年時代。

 

2人とも、ナルシストっていうか、自分に自信がなさそうなのがチラチラ見えて

大吾くんは自分がどういう方向で行ったらいいのか迷ってて

大橋くんは自分の見た目にすごいコンプレックスがあって

それでもアイドルでいたいって思うから、最大限の努力をしてるんだなって思うと

 

それがとってもとっても愛おしい。

とっても、好きなところ。

 

実は私もそうだから

自分に自信がないから、鏡とか写真写りとか、必要以上に気にしちゃって

いつもビクビクしてて。

自分が一番輝く見せ方を探す気持ちがちょっとわかるような気がするから、好きです。

 

 

足りないところがある人って応援したくなるし

周りの優しさに触れて、周りの人がいるから生かされて

とっても優しい人だから

好きになります。

 

大吾くんと大橋くんは、一生懸命アイドルでいようとしてくれるから

私も一生懸命2人を好きでいようって思ってます。

だからプライベートとかあんまり知らないでいいかなって思ったりもするけど笑

ちょっと知りたいかな笑

 

 

 

Funky8が少しずつ夢に近づいているような、そんな香りがしますね

嬉しいな。

きっと誰より8人が8人でいることを望んでて

8人で同じ夢を見てて

8人のことが大好きだから

 

きっと同じ景色が見れると信じてます

 

 

あぁまた長くなった!!笑

次は何を書こうかな

ヲタク論楽しいな、大好き笑

またなんか、熱くて重い内容考えておきますね

古謝日誌くらい重いやつ笑

 

では!

 

 

リンコ

 

 

 

 

駆け上がるのは階段が良い。

 

さーてっとっ。

 

予告どおり、私のジャニオタ人生を担歴併せて見ていきましょう!

 

ちぇけらっ!

 

 

▷嵐*大野智

小4です。私の原点。大野智

今もずっと大野智は、私の中にある誰も超えられない高い高い山のてっぺんの方に、静かに君臨していらっしゃいます。

大野担8年目です。

 

もともとはEXILEのTAKAHIROが好きでした。

 

かっこよかった!!!彼は!!!

(いやもちろん今もかっこいいけれども)

 

 何がなくても「キャー!!TAKAHIROかっこいい〜!!」、オカザイル(岡村隆史×EXILEって今もやってますか?いい企画でしたあれは)があるとなったら「岡村さんにゼリージュースあげてるTAKAHIROやさしい〜〜!!♡」

なんて、やっぱり私はヲタク気質なんだなと今思えば納得がいくようなゾッコンっぷりでした。

 

でも、もともとの7人体制が14人になったところに落とし穴。

 

 

メンバーが覚えられない………。

 

7人はかろうじて覚えたけど!!14人は無理!!みんな一緒に見える…( ´ºωº` )

 

っていうババア体験を小四にしてしたんですね。

そんな時たまたまテレビをつけたら、今はもう懐かしの「嵐の宿題くん」がやっていたんです。

まだ覚えてるよ。

 

トマトとナスかな、添え木をしてへんてこな形の野菜を作るっていう企画でした。

(たぶんトマトとナスのPPAPみたいなことだったと思う)*1

 

めちゃめちゃかわいくて。彼が。

まだ覚えてるくらい、トマトとナスを両手に持って「やべぇ!!」って言ってる智くんから目が離せなくなってしまって。

 

その日から、私のジャニヲタ人生が始まりました。

 

それまで『EXILE派  VS  嵐派』みたいなのがあって、毎日のようにバトルしてたんですが、その日を境にコロッと嵐派に寝返りました(笑)

嵐が嫌いだったんじゃなくて単純に知らなかっただけなので、なんでもっと早く気づかなかったんだろうなぁって後悔。

 

その年の誕生日は、アルバム『ALL THE BEST 5×10 〜1999-2009〜』のCDを買ってもらいました。

ちょうど10周年だったんですよね。

ちなみに私は嵐と同い年なので、10歳でした。

 

歌詞カードがボロッボロになるまで読み込んで、CDも擦れるほど聴いた。

歌詞カードの背中は開きすぎて何回もセロハンテープで補強したせいで、なんかペリペリしてるし。

 

ペリペリペリ、ペリペリペリ、ペ〜……

 

( ✋˙࿁˙ )STOP晴太郎

 

 

待ってまだ関ジュまでたどり着いてないの

もうちょっと待っててねはれちゃん。(茶番)

 

そんな訳で、アラシックになってジャニーズの沼に片足を突っ込んだ私は、中学生になります。

 

▷Jrの道へ*ルイス・ジェシー

知らない人もいると思うので先に説明しておくと、今のSixTONESジェシーくんが昔「ルイス・ジェシー」というフルネームで活動していたので、今回は敢えてその時の呼び方で書かせてもらいました。

 

小学校の頃にもジャニーズが好きな子たちは何人かいたので、その子達と好きのぶつけ合いをする日々。

Hey! Say! JUMPが好きな子が多かったので、ダンスクラブだった私たちは学校の和室勝手に占領して、「瞳のスクリーン」とか「Ultra Music Power」とか「superdelicate」とか、JUMPの曲を完コピすることに小学校の青春を捧げました(笑)

 

だからめっちゃ見てましたねJUMPのライブDVDとかスクラップティーチャーとか。

なりきって楽しかったなぁ。

基本私は裕翔くんを担当することが多かったです(いらん情報)

 

でもJUMPを通った訳では無いw

 

軽く通ってはいますが、担当はいなかったので一応割愛。でもちなみに私は有岡くんと光くんが好きです(笑)

 

 

で、そう。ジェシくんの話だよ忘れそうになったやん。

中学にあがって、ほかの中学から来た子とも仲良くなったりするじゃないですか。その時に、ものっすごいJrに詳しい子と友達になりました。その子は伊野尾担から美勇人担になってたんですけど、おかげで少クラを見るようになり

 

ルイス・ジェシーかっこいいべ???

 

というお話になる訳です。

ちょうど『私立バカレア高校』のドラマが決まって露出が多かったこともあり、ドル誌、テレビ誌、女性誌、新聞……とにかくジェシーくんと、当時バカレア組と呼ばれた今のSixTONESが載っている媒体を全部チェックして、買って。中学生じゃかなり厳しかったけど、本当にすべてをアイドルに注ぎ込むというオタクの基本を覚えてしまったのがこの時です。

 

なんせJr担って毎日が戦い。

自担がいつ辞めるかもわからないし、いつデビューするかもわからない。毎日毎日、これが最後と思って見る訳ですよね。

 

それが魅力なんですよね。

 

その魅力に気づいてしまった私は、そこからバカレア組を死ぬほど追いかけます。

バカレアに続いてスプラウトも毎週欠かさず何回も何回も見てましたね(笑)

 

でも何でだったかちょっと忘れたんですけど、ルイス・ジェシージェシーになって、なんだか少しずつ「バカレア組」という括りが曖昧になって、ジェシーくんと大我くんと北斗くんしか前にいなくなったりして。

今もそうですけど、私はグループで推すのが好きな節があります。

仲間がいて、高めあって、同じ夢を見て、汗かいて涙流してキラッキラの笑顔で笑いあってるアイドルたちを見るのが一番嬉しい。

だから大好きな仲間がバラバラになるのは、寂しい。

 

 

いつか忘れたけど、ジェシーくんは1年くらいかな。気づいたら……

 

▷セクボ*岩橋玄樹

 

 

あ〜好きだったのよ〜!!

この子がかわいくてかわいくて仕方なかった時代到来です。

『ジャニーズJrの真実』って番組があったの、覚えてますか?

見てたんです、ジェシくんが見たくて。

 

そうしたらなんという事でしょう

 

べらぼうにカワイイ子がいるじゃないの

緊張でお腹痛くなっちゃうような

カワイイ子がいるじゃないのー!!!!

 

あの当時、いわちのキャラといえば今ほどカワイイカワイイを売りにしてなかった頃です。単純にメンタルが弱くて、リハ室の端っこにちょこんと座って、「お腹痛い……って言ってた頃です。

 

 

はぁかわいい。

 

…となりまして。

結果的にジェシくんはほとんど出てなかったんですけど、その代わりに、岩橋玄樹という沼に引きずり込まれてしまいました、、、

 

 そこから今度は岩橋の沼です。

仲の良かった子が神宮寺担で、じぐいわー!な毎日でした。かわいかったなぁじぐいわ……まだそれほどJr歴も浅くて、みずみずしかった頃のじぐいわ。

とてもかわいかった。

 

「C3」だったり「セクバ」だったり「セクボ」だったり。コロコロ変わるグループに一喜一憂したものの、いわちはどんどんセンターへ。

 

売れっ子街道まっしぐらしていく様子を、岩橋担として見ていました。

 

でもなんとなく、大人になってしまって強くなってしまった岩橋玄樹に対する「好き!」が薄れてしまって、自分の可愛さに気づいてしまった岩橋玄樹がちょっと寂しくて。

なんとなく悶々として、オタ卒しようかなって思ってた時でした。

 

 

ついに

 

 

ついに

 

 

 

い!に!!!

 

 

 

なにわ皇子西畑大吾

 

 

 

 

キッターーーーーーー!!!!!!

 

 

やっと出会えたねた大吾くん!!!

会いたかったわよ!!!!!!

長かったね〜大吾くんに出会うまで長かったね〜!!!!()

 

ついに出会えました。関西ジャニーズJr。

 

小学校でJUMPを一緒に踊ってた子の1人が永瀬担に、クラスの女子が向井担になっていたおかげで、『関西Jr』というものを知りました。

 

なんとなく、まいジャニを進められて。

なんとなく、YouTubeでまいジャニを見て。

なんとなく………ではなく

 

 

本格的に関ジュの沼に足を突っ込みました。

 

 

本当に心から出会えて良かったって思うのは、今のところ嵐と関西Jrだなって思うくらい、今の私を支えてくれる大きな支柱になるほど大切な彼ら。

 

まいジャニをみて、端の方に座っていてあまり多くは語らないけれど、いつもニコニコしてて、優しそうで、楽しそうで、眩しかった大吾くんを好きになりました。

 

ごちそうさん』の大吾くんの演技を見て、「お芝居の力ってすごい、人を変えるくらいパワーがあるんだ」ってことを知って、演劇部、という形で私がお芝居を始めるきっかけになったのは間違いなく、大吾くん。

 

『Endless SHOCK』が決まった時、まいジャニのお客さんの前で「死ぬ気でやってきます。いや、一回死んできます。それくらい本気で食らいついてきます」って言った大吾くんがとっても大きく見えて、かっこよくて、「私も死ぬ気でお芝居がしたい」って、無理だと言われていた高校に入るために猛勉強して、今その学校でお芝居をしています。

 

 

わかりやすいくらい、大吾くんに動かされて背中を押されて生きてきたんですね私は(笑)

 

 

なにきんが好きで、まいジャニが好きで

前にも書いたように私は仲良しなグループが好きなので、なにきんは私の生きる糧でした。

 

最年長だけど寂しがり屋の康ちゃんがいて、

相当アホな紫耀くんがいて、

それを通訳する柊真くんがいて、

ナルシストで優しい廉くんがいて、

廉くんが大好きな大吾くんがいて、

かわいくてみんな大好きな大西さんがいる。

 

それだけで私が彼らを応援するのには充分でした。

 

まあここから先は当時の関西担みんなが通った辛い時期なので、割愛しますね。

 

 

なにきんが事実上なくなって、さあどうしよう。大吾くんのことはこれからも応援するけど、メイン3人これからどうするんだろう。グループのあのキラキラした姿を応援することはもうできないのかな。関西Jr、どうなっちゃうのかな。

 

私個人の気持ちとしては

 

グループを応援したい。

という思いでずっとずっと苦しい時期がありました。

 

いつであったのか、これまた忘れました。

もともとGangStar時代からみんなのことは知ってたし、好きだったし応援してたけど、ゆっくんが辞めて、こちらもさぁどうしようってなってた時。

 

 

Funky8に出会う

 

そして

 

Funky8大橋和也

 

 

私の新たな関ジュ担人生の幕開け!(笑)

 なんかの時に……なんだったか忘れたけど、たぶんまず初めに『Funky8』っていうグループに目がいって。あ、なんかすごい人たちいる、ギャンスタの時とはなんか違う…と思ったのがたぶん、きっかけ。

 

 

じわじわじわじわ

私の中に占めるFunky8の存在が大きくなり、なかでも大橋くんの存在が大きくなって

 

 

あっという間に、Funky8の底なし沼に片足突っ込んでそのまひっくり返りました✩

 

 

私のヲタク論についてはまたいつか書きたいなと思っていますが、大吾くんにしろ大橋くんにしろ「一生懸命アイドルでいようとしてくれてる」姿に惚れるのです私は。

 

和也くんは、その典型ですよね!

めっちゃくちゃアイドルじゃないですか彼。

どこまでもどこまでもアイドル!

キラキラしてる!!!!!眩しい!!

 

そんなところが、大好きなところです。

 

Funky8は確実に8人が同じ方向を向いてるし、8人進もうとしてるし、8人が高めあおうとしてる。

 

まさに私の応援したいグループ像ですよ。

 

これからfunkyだってどうなるか本当に不安定だし、公式じゃないから明日この8人で一緒やれるかわからない。

 

その不安も、ちょっぴり楽しいんです。

このメンバーでの明日がもしかしたらないかもしれないから、今を精一杯、今に精一杯を賭けるっていう姿勢がFunky8にはあるから。

 

 

 

『夢の階段駆け上がって

    一段飛ばしでイチニのサン!!』

 

 

エスカレーターじゃつまんないじゃないですか。楽だもんそれは。走る方も、背中を押す方も階段の方がずっとずっとキツイ。でもだからこそ楽しいし、周りの人が大切に思えるし、手を繋いで、自分が少し苦しくても周りのため走ろうと思える。

 

そういう人たちを応援するのって、楽しいんです!

 

 

だから、関西Jrに出会えてよかったなって思うし、Funky8に出会えてよかったなと思うんですね。もちろん私が今まで通ってきた担当くんたちのことは大好きです。一度好きになった人だから、その時は本気で好きだったし今も好き。

 

 

でも、やっと出会えた関西Jrという場所は、私にとって嵐と同じくら大事な人たちです。

 

駆け上がるのが、階段だからいいんです。

楽しいし、登れたら嬉しい。

だか関ジュがすきです。

 

 

 

 

 

 

はー!長くなりました!!!!

 

 

これにて私のジャニオタ人生(2017年7月現在)を終わります。多分すごく長いんだろうな笑

 

funkyや関ジュについては、またこれからも同じようなこと言うと思うけど。

 

 

関ジュがすきです!!!!!!

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました(^^)

 

ばいばい

 

リンコ

*1:語弊